wifiとは?レンタルでwifiを利用するメリットや注意点などの基礎知識を解説!

wifiの基礎知識を説明します。
wifiとは有線でネットにつなぐのではなくコードなしに無線でネットにつなぐことができることです。
wifiにつないでいる間はデータ量が減らないので大変お得感はあります。
レンタルでwifiを利用する時のメリットとしては、利用したい時に契約することが出来るという事です。
海外旅行ではネットがwifiがないと不便な所も多いです。
レンタルされる時に注意してもらいたいことは、利用する時に月額なのか使った分だけなのかいろいろあります。
wifiをレンタルしないと海外でネットにつないだ時に高額な請求をされることになります。
空港では利用した分だけ支払うようになってます。

wifiとは?レンタルでwifiを利用するメリットや注意点などの基礎知識を解説!

wifiを使ったことがない方のために基礎知識として説明します。
wifiとはコードにつなげなくても無線でネットにつなげることができるものです。
wifiにつないでいる間はスマホのデータ量など一切減らないので料金的にもお得感はあります。
wifiとは海外に旅行をする時の必需品と言っても過言ではないです。
レンタルでwifiを利用する時は月額なのか使った分だけ支払うシステムなのかを確認します。
短期間しか利用しないのに月額での契約になった時、月額のレンタル料金を払うことになるからです。
空港では使った分だけ支払うことになるので大変おすすめします。

wifiレンタルとは?サービスの仕組みを解説

昨今ではデジタル社会となっているため、多くの方がパソコンやタブレット端末を所持される時代となりました。
以前なら自宅や職場・学校といった場所でしかインターネットを利用できませんでしたが、現在では屋外でも接続をする事が可能です。
それを実現しているのがwifiであり、気軽にwifi機器をレンタルすることもできます。
ここでは簡単にwifiレンタルとはどのようなサービスの仕組みなのかをご紹介していきましょう。
wifiレンタルとは、モバイルルーターを顧客に対して貸し出しているものを指します。
大手通信事業者で実施をしており、ビジネスの法人契約から個人でも活用をすることが可能です。
固定回線とは違って従量制のデータ通信契約を組み込んでいます。
この仕組みは送受信をするデータをパケットという単位で把握をしており、その容量ごとに料金が変動します。
定額プランもあり、会社等の法人契約だとこちらを採用されるのが一般的です。

wifiレンタルの費用相場はどれくらい?

スマホやタブレットで動画を見たりたくさんの画像や資料を送受信する人は、データ通信の容量が足りなくなってしまうことがあるでしょう。
スマートフォンの契約ギガをオーバーすると、かなりの料金がかかることもあるので、そんなときはwifiレンタルが便利です。
wifiレンタルの費用相場は、機械の種類や使える回線、ギガ(容量)のサイズによっても変わります。
たとえばWiFiレンタルどっとこむだと、Softbank回線(無制限)のポケットWi-Fiレンタル料金は1日あたり500円、30泊31日で7430円~などとなっています。
旅行やイベントなどの外出時にたくさんのギガを使うことが分かっていたら、1日単位で借りると安く済みます。
先ほど紹介したプランは、キャンペーン期間だとさらに安く使えることもあります。
データ使用料が無制限ではなく3GBや5GBなどの制限付きのものだと、もっと安く借りられるものもあるようです。
いろいろなレンタル会社の端末ラインナップを比較して、費用対効果の高い機種を探してみてください。

wifiレンタルを利用するメリット

wifiレンタルの利用において、購入との違いやメリットについて誰もが気になるところではないでしょうか。
wifiレンタルはやはり借りる形態ですから、購入に要する費用が発生しないこと、使わなくなれば機器を返却できるので処分の手間が避けられることが挙げられます。
また使いたい時に借りて使えるので、気軽に利用を検討したり申し込めるのもwifiレンタルの良いところです。
購入より安く始められるのもそうですが、お試し感覚でも利用可能ですし、万が一理想と実際の使用感が違っても、購入と異なり経済的なダメージを最小限に抑えられます。
このようにメリットが豊富なwifiレンタルですが、借りて使う感覚が拭えず、どこか落ち着かないところがあるのは否めないです。
長期的には購入した方が安くなるケースも少なくないので、検討の際に天秤に掛けて、どちらがお得になるか計算することが必要です。
結局のところは購入とどちらが優れているというものではなく、希望や使い方によって軍配が上がるのではないでしょうか。

wifiレンタルを利用する際の注意点

wifiレンタルは回線工事不要で手元に届けばすぐに使えるのでとても便利なサービスですが、一方で利用する際には注意点も知っておかなければなりません。
特に初めてwifiレンタルに申し込む人であれば、事前にしっかりと下調べをした上で利用するようにしましょう。
まず当然ながらwifiレンタルは期限までに返却することが大前提で、それを過ぎると延滞料金が発生してしまいます。
特に気をつけるべき点としては、期限内までに返却を完了しなけばならないので、例えば郵送で返却する場合はその日数も考慮しなければなりません。
またwifiルーターを使用するにはバッテリーを充電しないといけないため、もし外出先で利用する場合には充電器も用意しておく必要があります。
そしてwifiの種類や会社によって電波の届く範囲が異なるので、自分が使用する予定のエリアで問題なく使えるか確かめておくことが重要です。
あとは紛失や破損にはくれぐれも注意して、不安であれば補償サービスにも申し込んでおくといいでしょう。

wifiレンタルに向いているのはどんなケース?

wifiレンタルに向いているケースですが、そもそもwifiレンタルでは予め定められた条件下であれば、決められた金額でインターネット通信がいつでもどこでも使い放題になるというものです。
これを逆に考えれば、向いているケースが見えてきます。
スマートホンがあったとして、あまり多くの通信を必要としない場合には、携帯電話会社の回線をそのまま利用すればよいわけですが、大量の通信を必要とする場合には、両者を比較してレンタルしたほうが良い場合もあります。
特に海外旅行に行くような場合、現地での通信は日本国内と比較して相当に割高になってしまうこともありますので、安心してSNSとか現地での情報収集にインターネットを利用したい場合には利点があります。
一方、最近ではwifiスポットも増えてきていますし、例えばホテルとか空港では無料のwifiが利用できることもありますので、そのような場所での利用が主体なのであればあえてレンタルしない方法もあるわけです。

wifiレンタルを利用する際の流れ

wifiレンタルを利用する際には、事前に申し込み手続きが必要です。
申込み手続きの方法は、インターネットが多いです。
wifiレンタル業者の中には、電話や店頭で申し込みを受け付けているところもあります。
申し込み手続きの際には、本人確認書類の提出が求められます。
運転免許証や保険証などを手元に用意しておきましょう。
クレジットカードが必要な場合もあります。
申し込み手続きが終わると、wifiレンタル機器が自宅に郵送されるという流れです。
wifiレンタル機器を受け取ったら、パスワードを入力して設定を行ってください。
設定が済むと、すぐにインターネットが利用できます。
利用期間が過ぎたら、指定の方法で返却してください。
返却の方法は、宅配が一般的です。
ポストに投函するだけで返却できるシステムを用意している業者も多いです。
返却が遅れると、延滞料が発生する場合がありますので注意が必要です。返却期限は必ず守るようにしましょう。

wifiレンタルに送料はかかる?

wifiレンタルの場合、お店までこちらから取りに行くのであればもちろん送料はかかりません。
ですが、わざわざwifiレンタルショップまで受け取りに行く時間はないということもあるかもしれません。
時間はあっても面倒だというケースもあります。
もっと言えば、最近では実店舗を街中の便利な場所に有するのではなく、レンタル専門でサービスを展開している会社も増えてきています。
このような場合、自宅まで送ってもらったり、使用後は指定の住所に送り返したりすることが必要になりますが、送料は原則的には必要となるのは言うまでもありません。
運送会社は慈善団体ではありませんので、物を送るという仕事に対して適切な対価を支払うのは当たり前のことです。
もし自分が運送会社の社員やドライバーだったらと考えてみれば説明するまでもないことでしょう。
ただし、レンタルショップも商売ですから、少しでも安く見せるためにそれも含めた値段で表示し、あたかも追加料金はかからないように見せている場合はあります。

wifiレンタルの端末を返却する方法

旅行や出張の旅先でインターネットの利用が必要な場合はwifiレンタルが便利ですが、ここでどうすれば良いのか考えてしまうのが返却方法です。
基本的には借りた店舗に返却するのが最も分かりやすく確実な方法ですが、今やwifiレンタルは多様な返却方法が存在しています。
宅配便を利用するケースではダンボール箱と緩衝材、送り状が用意されており、端末を梱包して送り状を貼付し、最寄りの宅配事業者の営業所の窓口やコンビニのレジなどに持ち込んだり、電話をして自宅まで集荷に来てもらうなどすれば、後はサービスドライバーに全てを任せられます。
一部のwifiレンタルでは自前の流通システムを持ち、バイク便などが自宅まで来てくれるサービスも登場しました。
航空会社と提携している旅行向けのwifiレンタルでは、空港のロビーにあるブースで受け取り、そのブースに返却できるのはもちろんのこと、旅行先の空港のロビーにあるブースに返却しても良いという便利なサービスもあります。

wifiレンタルで利用できるオプションサービスについて

"wifiレンタルを利用するときには、利用が可能なオプションサービスがあります。
種類は提供している企業によって異なりますが、活用すると便利になる可能性が高いです。
では、代表的なwifiレンタル使用時に使えるオプションサービスにはどのようなものがあるかですが、まずは安心補償サービスというものがあります。
これは万が一の紛失や盗難・故障などに備えたサービスであり、弁償金の一部かあるいは全額の支払いを肩代わりしてくれる制度となっています。
料金はデイリープランとマンスリープランに分かれていることが多いのが特徴で、1日あたり数十円または月あたり数百円をレンタル開始の前に支払う仕組みです。
レンタルが始まってからは、安心補償サービスは利用できない場合が多いので注意しましょう。
期間は、レンタルしたモバイルwifiが返却されるときまでです。付属品については補償の対象になっていないのが基本です。
ほかにサービスを提供しているものとしては、専用のセキュリティソフトが使えるところもあります。
高品質で安全性が高いため、提供されている場合にはこちらも有料ですが使って行くと便利です。

wifiレンタルに関する情報サイト
wifiの基礎知識

wifiの基礎知識を説明します。wifiとは有線でネットにつなぐのではなくコードなしに無線でネットにつなぐことができることです。wifiにつないでいる間はデータ量が減らないので大変お得感はあります。 レンタルでwifiを利用する時のメリットとしては、利用したい時に契約することが出来るという事です。海外旅行ではネットがwifiがないと不便な所も多いです。 レンタルされる時に注意してもらいたいことは、利用する時に月額なのか使った分だけなのかいろいろあります。wifiをレンタルしないと海外でネットにつないだ時に高額な請求をされることになります。空港では利用した分だけ支払うようになってます。

Search